LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
総合首位、ラスムッセン離脱。(ツール・ド・フランス)
自転車 / itayoshi
先日のヴィノクロフ、(AST)に続いてのドーピング疑惑だそうです。


サイクリングニュース(関連記事)

<一部抜粋>
Cycling News Flash for July 26, 2007

Edited by Sue George

Rasmussen pulled out of Tour

Yellow jersey Michael Rasmussen (Rabobank) will not start Stage 17 of the Tour de France Thursday morning.
Team manager Theo DeRooy has withdrawn the maillot jaune from the Tour de France, allegedly because Rasmussen
lied to the Rabobank team as to his true whereabouts when he missed his out of competition tests in June.

DeRooy will not withdraw the entire team, but will allow the riders to choose to start the stage tomorrow.

(All rights reserved/Copyright Knapp Communications Pty Limited 2007)

6月のドーピング検査で規則を破って自身の居場所を所属チーム(ラボバンク)に伝えなかった事から
ラスムッセンの17ステージ出走を取りやめ、マイヨジョーヌを返還したそうな。



うわぁーー、、16ステージで総合2位のコンタドール(DSC)に差をつけて、総合優勝へ磐石の体勢だったのに、、、

数年前にもMTB時代の選手から「クスリを運ばされた」とか告発されてるラスムッセンだけに怪しさはあったけど、総合首位の厳しい監視の中、陽性反応も出てない事から
信じていいのかな?と思ってた矢先に、こうやって事実上ドーピングを認めた結果を知るとなんともやりきれない気持ちになりますわな。。




| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ツールドフランス    ギア比のお勉強
自転車 / itayoshi
初心者にチン毛が生えた程度のワタクシ、ヨシヒコが現在進行形でチャリの深みにハマっていくドキュメンタリーブログ、『ペニスに死す』。
今回で9回目の日記です。

自分は通学〜通勤と自転車歴は14年になるのですが、本腰入れて(趣味として)やろうと
思ったのが2ヶ月前。
その前からツール・ド・おフランスは見てたんだけど、本腰入れる前とは見方が変わってきてまして、、これまたオモロイじゃないすか!!

ってことで今回のツールドフランス、オモロイ!
ニコニコ動画で見たんだけど
第5ステージはドラマティックでした。
ヴィノクロフ擁するアスタナにとっては辛いレースでした。(クレーデンもこけてたかな?)

ヴィノ転倒後のアシスト6人の働きをつぶさに拝見しておりましたところ、
「か・・・漢!!」
と叫んでました。
(あの時アスタナ列車に無賃乗車してたのは誰だったか・・・)

昨日の第6ステージでは、痛々しい包帯姿で終始一貫して集団の後方をチームメイトに守られながら走り、
終盤には『やっぱムリっぽい』サイン(クビを親指でかくようなヤツ)を出すなど、
ヴィノファンはハラハラドキドキでしょう。

ヴィノの勇姿が見たい、、見たい、、

とノイローゼ気味にYoutubeを徘徊していましたところ、
こんな素敵な動画が。
動画(youtube)
これは2003年ツール第9ステージ。
逃げるヴィノ、追うランスとベロキ。
この時点で総合首位がランスで2位がベロキで40秒差だったか。

『ランスとベロキが共闘体制でヴィノを追う』

っていう絵がカッコいい!
しかしベロキ不運の落車、そしてリタイア。
絶好調だっただけに辛かったでしょう。。
ランスの5連覇を阻む最右翼だったのに・・・

と感傷的になりながらも、ヴィノの果敢なアタックは何度みてもカッコいい!!
んで余談だけど、この動画のBGMである、Foo FightersのEver Long。
BPMが140くらいなんだけど、それがケーデンスとリズムが絶妙に合ってるんだな〜。

んでツールは今日から山岳!
どうなることやらー。


***********************************

んで自転車のお勉強。
自分は何度も書いているように、初心者にチン毛の生えた程度のレベルなんで、
日記の内容に誤りが多々ございまして、、今日は反省も踏まえてそこらへんをおさらい。

自分は知人から頂いたシングルスピードを乗ってるのですが、
これはツールのロードバイクとは別物なんですね。
(最近知りました・・お恥ずかしい・・・)
だから僕のは基本ピスト(競輪用)で、ブレーキ付き、フリーです。
リアタイヤを反転させればフィックス(固定)になりますが、僕の技術だとまだ怖いっす。

シングルスピードのチェーンテンションは、タイヤの位置を後ろにずらす事で得るのですね。
(レストアの記事でさも大発見のように書いてしまいました・・・お恥ずかしい・・・)

んで最新知識がギア比。
前までは「ギア比」と聞いただけで、「なんてメタリックな!」と、ひきつけ寸前の拒否反応を起こしてましたが、(元理系のはずなんですが)
なんのこたぁーない、前後のギアの歯の比率なんすね。

さきほど、数えましたところ、
52T:16Tの3.25でした。

「これで俺も自転車乗りの一員・・・」と悦に浸っておりましたが、
この数値がナニを意味してるのか、知恵熱と戦いながら調べました。

『52T:16Tのギア比』
そのココロは、
『ペダル1回転で、後輪が3.25回転する』

っつーことでしたか。
ちなみにTはTooth(歯)の意味だそうな。

タイヤ外周(700C-30C): 2.15m
ギア比 : 3.25
がわかれば、
速度、ケーデンスの一要素がわかれば、残る一要素が出るということね。


35km/hの場合のケーデンスは、、、
ケーデンスをXとしてー、
えーと、、

35Km/h = 583.33m/分
= 勝淵撻瀬覯鹽/分)× 2.15(m/タイヤ回転)×3.25(タイヤ回転/ペダル回転)

んんー、ふんー、

、、、

≒ 83.5と。

ほーう。


ってことは、このギア比でケーデンス120を維持すると、50.31km/h、、

ムリっす。


あーーー久しぶりに算数やったから頭がいたい。

おわろおわろ。
| comments(0) | trackbacks(3) |
pagetop
自転車の手信号について。
自転車 / itayoshi
義務だったんですね。

左折・・・右腕のひじを垂直に空に向けて曲げる
右折・・・右腕を地面と水平になるようにだす
停止・・・右腕を地面に向けて45度ぐらいになるようにだす

だそうです。

こんな感じでしょうか。

 左折 … _|  
 右折 … ―― 
 停止 … \  
        *全て右腕

この通りの手信号をやっている人は、自分は見たことないです。

自分はバイク、自動車も乗ってるんで、後続車への意思表示をやらないと不安で落ち着かないです。
何かいい合図はないもんかと常々考えているんですが、
形はともかく意志表示することが大事だと思うので自分流でやってます。

**************************

 ̄Δ房崟変更するとき。(路駐車を避ける時とか)
右後方を確認→右手を下方に曲げて空手チョップ

交差点左折で、後続車がいる場合
後方を確認→漕ぎ足を止め、膝を左に出す(バイク風に) 

**************************

効果のホドはわかりませんが、「ナニをしでかす気だ?」と不審がらせる事はできるかと。

*************************************

今日見た四谷の交差点のド真ん中で、二段階無視して信号待ちしてるメッセンジャー。
信号が”右折可”になっても気付かず、後ろの車に抜かれてから漕ぎ出してました。

そもそも二段階無視は違反ですが、それ以上に思うのが、
危険な運転している以上もうちょい集中した方がいいんじゃないの?という事です。
自分も停止線オーバーなどキッチリ遵法運転してるわけではないので、エラそうな事言えないのですが。
(主に身の安全を守るためですが、大きい顔はできないっすね)

********************************

自分は自転車乗ってると技術不足ゆえの、後悔と反省の繰り返しです。
自分に非があって他人に迷惑かけた場合、
心の中は
”あわわ、、、ごめんなさいごめんなさい・・・”
なんですが、
見た目がマジメそうなタイプでないため、相手の方は
”チッ!このクソガキ!調子こいてんじゃねーぞバーロー!”
なんて思ってらっしゃる事でしょう。


今日最も悔やまれたのが、
晴海通りを三宅坂方面へ走っていたときのこと。

築地の万年橋にて、前方を流しているロードレーサーの方がいました。
坂を登った勢いでその方を抜き、車の流れに乗って走ってました。
交差点で直進レーンに移るため、後方確認したところ
そのロードレーサーの方が付いてきていたので、いつになく空手チョップのサインも勇ましく、順調に流れていました。

そして東銀座〜銀座4丁目〜数寄屋橋とスムーズに通過し、高速道路のガード下で信号待ちでした。
信号無視して進んでいくキャノンデイルがいましたが、自分とロードレーサーは当然ですが信号待ち。

青になった瞬間、前方の客待ちタクシーが膨らみだしたのでタクシーの出発待ちを選択。
したら中々出ない。(タクシーにはよくある状況すね)
後方待機を辞めて右側へ出るべく後方を見やると、
ロードレーサーの方が後続車に手で礼をして、右側からタクシーをパスしようとしてるトコ。
次の瞬間には小生の車線変更の意志を拾ってくださって、手で「お先にどうぞ」の合図。
自分はスピードやタクシーとの車間距離など、安定してない状態だったので、
中途半端な黙礼をした後、右側から前に出させてもらうと、タクシーが強引に割り込み始めました。
まぁブレーキで事なきを得たのですが、後ろの方を驚かせてしまったかもしれませぬ。

こういう、それぞれにジレンマがあって、うまく意思疎通できなかった結果に終わると、
どれが正解だったのだろうと考えます。

今回のロードレーサーの方との、こういった何気ないコミュニケーションは、
手信号や、信号を守る等、互いの運転マナーによる信頼関係から
生まれるものだと勝手に思っておるのですが、キモチいいもんす。

それがあったゆえ、本日の文章もソフトに書いたのですが、ダークサイドのワタクシで書いていたら

「こんの下手糞タクシー、強引な割り込みしやがって!!ぶつかって減俸処分にしたろか!」

という感じでしょうか。
お下品ですこと。
おほほ。

ざます。

ということでロードレーサーの方、譲ってくれてありがとうございました。


おしまい。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
左クランクがもげそう & なぜ自転車?
自転車 / itayoshi
クランクもげ

前回の日記にも書いたけど、左クランクがもげそうになるアクシデントが頻発。

ボトムブラケット(クランクの回転軸)と左クランクを固定するボルトだけが
緩んでくる。
右クランクは工具をセットして手で回せるくらいの固さで、それでもクランクは緩まない。
左はモンキーできつく締めても緩んでくる。

なして?

考えられる原因
・グリスのつけ過ぎ
・鉄粉&グリスによる摩擦力ダウン
・ネジの螺旋部分の磨耗

自分にはこれくらいしか思いつかんです。
親の仇の如く締めたら落ち着いたですが、きもちわるい。
しばらく工具とモンキーは携帯必須です。

んで一昨日は約90km走ったと書きましたが、あの後、荻窪にある姉夫婦の家まで行ったので計110kmを走りました。
コレ、自分にとっては大台でして、新宿から100kmといったら河口湖、富士急ハイランド、甲府などなど。
うーん、メタボリック小僧にしては頑張ったんじゃないでしょか!

んで昨日、自転車アニメ映画、『茄子〜アンダルシアの夏〜』を見まして、
テンションが挙がってしまったので、ポジションをちょっと勉強しました。
といっても前傾をキツメにしただけなんだけど、足が楽になった!

車の流れに乗ろうと、ちょっと頑張ったら48km/hが出ててビックラこいた。
また、大久保通りで後ろにバイク集団が来たんだけど、路駐が激しかったので鬼コギ。
メーターをジンマリ見る余裕もなかったけど、チラ見したら56km/h。
爽快というより恐怖・・・慣れないスピ−ドってのは怖いもんです。


皇居周りはご存知のとおりランナーが多いです。
みんなジョギングしてるんだけど、時々スゴイいいフォームの人がいて、見ると走りたくなる。
ピッチ走法(足の回転をあげる走法)でシュッシュと走る人を見ると小気味イイ。
自分はストライド走法(大股)だったので、ピッチ走法の人見ると今でも羨ましくなる。

んで改めて自転車のエネルギー効率ってグレイトだと思う。
やっぱ接地時の摩擦力の差なのかな?
自転車は摩擦力もモーメントに変えられるから、、、うーん、、、もうわからん。。
ニュアンス的には円の動きはグレートってことで一つ。


なんで自転車か

今の時期、新宿から銀座など約10km圏へ移動する際、最も優れた移動手段とはなんぞや?
(極私的な理由に依るとこ大です)

手段別に利点・弱点(斜め読み推奨)

原チャ 
・リッター132円で40kmとして、純粋な移動だけで約33円。 
・駐車料金は銀座の某駐車場を例に100円/60分として200〜300円くらい?
・風がすずしい&汗かかない but 頭皮ムレムレ=将来マープ
・白バイの影におびえる : priceless
・髪の毛ペッタンコ
・駐車場から目的地まで徒歩
・移動時間は20〜30分ほど+徒歩 
・そこそこの景色

自転車
・ガス代0円。強いて言えば水分補給に150円ほど
・汗ばむ〜汗だく(汗引きポイントがあれば別。 例:三宅坂)
・運動によるテンションアップ  priceless
・信号待ち時に向けられる熱い視線 priceless
・自動車の幅寄せへの恐怖 priceless
・目的地に限りなく近づける
・風によるデコッパチ晒し priceless(対策:帽子等=将来マープ)
・時間は25〜35分ほど
・景色よい


・リッター5kmとして300円程度+渋滞で100円くらい?
・駐車料金500円/hで1500円。
・汗かかない、快適。
・無謀な原チャ、ロードレーサーへの恐怖 priceless
・駐車場から徒歩
・手持ち無沙汰によるタバコ、ジュース等、300円ほど。
・車という優越感(=自己満足)priceless
・時間は50分〜1時間
・どうにか景色

電車
・乗り換え1回で320円ほど
・駅前駐輪場に停めたチャリ、そのイタズラに対する不安 priceless
・切符を改札にいれようとして空振り。恥ずかしい。 priceless
・電車待ち時に出会ったあのコ priceless
・同じ車両に乗ってた彼女 priceless
・階段でパンツ見えたよ +800円 
・電車がホームに入る際、風でデコッパチ。 priceless
・汗かかない
・最寄り駅から徒歩
・時間は45分〜55分
・景色なし

長々書きましたが、それぞれ得点。

原チャ
(早さ5 安さ5 快適さ3 楽しさ3)・・・駐車−2 
自転車
(早さ4 安い4 快適さ1 楽しさ5)・・・自由+4 

(早さ2 安さ1 快適さ5 楽しさ2)・・・パーソナルスペース+2
電車
(早さ2 安さ3 快適さ3 楽しさ1)・・・目の保養+3

ということで
1位:自転車 18点 
2位:原チャ 14点
3位:電車 12点
4位:車 12点


結論

やっぱ自転車は自由度が高いのが魅力。
最低限の交通ルールを守って後は自由ってのがたまらなくいい。
中学から現在に至るまで自転車移動だったけど、こんなん初めて考えたわいな。
良く言われるけど、自分の力でどこまでも行けそうな気がして、原始的な自信が持てるんだな〜。
九段坂とかを登った後は乳酸で苦しいけど、その後の風に生きてる実感を感じる。。。 
(くぅ〜〜かっこいい!!)

この長い日記をたまたま目にした貴方!
自転車通勤or通学オススメでっせ〜!!


*************************************************

今日の走行距離:49.5km


| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ロードレーサー、レストア後の初ノリ@皇居
自転車 / itayoshi
昨日、無事にレストアが終わり、今日は調子を見るため軽く乗るつもりでした。

問題点。
・ちょっとの振動でギアが外れる。(原因:たるみ)
・クランクが外れそうに。(中のボルト、締めすぎは良くないって言われてユルクしてた)

ギアはタイヤの位置を後ろ気味にする事で解決。
四谷4丁目の交番でモンキーを借りたんだけど、そこのお巡りさんがめちゃくちゃ気のいいおじさん。
自転車の取り締まりが厳しくなっているそうで、2段階無視、信号無視などは赤キップだそうな。(免許はないので罰金のみ)
軽車両の30km制限は心配しなくても良さげなニュアンス。

クランクは帰宅直前に内部のネジがゆるんだんだけど、工具を持って行かなかったため
ゆるんでは手で締めて、んでどうにか無事に済みました。



んで今日のサイクリングコース。

新大久保〜皇居〜銀座〜豊洲〜新橋〜日比谷公園 (休憩
九段下〜四谷〜神宮〜赤坂〜汐留〜竹芝桟橋 (休憩
増上寺〜日比谷公園 (休憩
銀座〜皇居 (休憩
皇居の日曜サイクリングコース10周 (休憩
後楽園〜早稲田〜高田馬場〜西戸山公園 (休憩
帰宅。


走行距離 90.9km!
つかれたー!!!

自転車乗りって1日140kmとか走るらしい。
体どーなってるんだろ?

そして今日の最高速度。
竹芝桟橋に向かう車道で、51km/h!!
とうとう、、50超えました!ヤッタ!

でもそこからが上がらない。
足が漫画みたいにクルクル渦巻き状態。
マイチャリはギヤが1コのシングルスピードというヤツらしく、
スピード求めて重くすると坂道とか漕ぎ出しが辛いし、
軽すぎてもスピードが出ないし、ってコトで中庸なギヤ比になってるらしい。
もう一段重いのがあればスピード出るのかな?

んで今日一番面白かったのが皇居。
内堀通りは日曜午後をサイクリングに開放してるのね。



ロードレーサーの人はみんな気合の入った格好してた。
自分はジーパン、Tシャツ、サンダルでカナリ気後れしました。
でも皆さん自転車詳しい方だろうから、フォームとか走り方を参考にしようと、
ストーキングしまくってました。(不快にさせてたらゴメンなさい)

ほぼ平地だから、自分はどれくらいで巡航できるのかと1時間ほど走ってみた。

追い風だと35〜37km/h 、向かい風で30〜33km/h
がジョギングしてるときと同じくらいの負荷でイイ感じ。

ツールドフランスの方々は50km/h以上で走るっていうんだから、信じられません。

マラソンの世界記録保持者の平均5km通過タイムが15分〜16分で、
一方、小生の5kmの最高記録は15'58。
俺が8人でリレーしなくちゃ世界で戦えないのか〜と気が重くなったコトを思い出した。

そういえば、コ−スで事故ってた人もいた。
経団連の近くのトコで。
おそらく転倒したのでしょう。
頭から血が出ていて、うつ伏せの状態でピクリともしてなかった。
2周している間に運ばれたみたい。
無事を祈ります。。
自転車ってスピードの割りに軽装だから危険なんやね。


なんか集団で走ってる人とかいたけど、チームなのかな?
俺も入りたいな〜。
したらチャリ買わなくちゃいけないから、金が・・・うぅ。

あと貸し自転車もやってるらしくて、二人で漕ぐやつがあった!
あれ乗りたいな〜!!
というのもカップルで乗ってるのを見たから。
めちゃくちゃ羨ましかった。

あんなアクティヴなデートを素敵なサムワンと・・・

あーーー、羨ましか!


とあるカップルが漕ぐ2人乗り自転車を抜いた時のコト。
小生は後方をチョコアイスを食べながら走ってたんだけど、
なかなかスピードが出ないらしく、横を颯爽と走り去るワタシ。
後ろで聞こえる声。
「キャ、はやーい、ねぇ〜もっと早くぅ〜ラブ
「よーし、行くぜ〜ラブ
「GOGOラブ

試合に買って勝負に負けたってこういう事なんだろなー。。
すごい楽しそうだった。。

あぁせつない。

哀終。












| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
自転車レストア日記〜その3〜
自転車 / itayoshi
一昨日から始めたロードレーサーのレストア作業。
やっと終わりました。

ど素人にチン毛が生えた程度の男が、はたして完遂することができるのか。
自分との戦いでした。

では本日の工程をおおざっぱにおさらい。

1:ブレーキインナーとアウター交換。
2:組み立て

以上。

こう書くと20分くらいで終わりそうだけど、12時間掛かりました。
試行錯誤の連続だったのす。


ブレーキアウター
昨日の日記の写真にあるヤツですが、アウターをワイヤーカッターで切った断面は
外側から、ゴム、鉄ケーブル、ビニールで、中心はインナーが入る穴なんだけど、
カッターで切ると、ビニールがつぶれて穴が詰まってるみたいになる。
針でチョンチョンつっついて穴を整えてあげるんだけど、
それに気付くのに1時間。

んで、ブレーキ本体にケーブルをセットする際にアウターの意味を知った。
アウターはただのケーブル保護じゃなくて、ブレーキを掛ける作用もあるのね。
そうとは知らずに長さを適当に切ってたら、ブレーキ本体に届かなくてブレーキが締まらなくなった。
考え込むこと1時間。
まさに失敗は成功のママです。

んで
フロントフォークつけて、
タイヤつけて、
ブレーキをちょっとイジって(1時間くらいかかってる)
クランクつけて、
チェーンをつけて、

とりあえず終わり。

チェーン取り付け時の注意点

ハンズの店員さんに「キツクしすぎない様に!」って何度も言われたのに、
チェーンを試しに合わせてみないで、前のチェーンと同じ長さに切ったら、
「たるみ」とは程遠いパイパン、じゃなかった・・・パンパン状態に。

タイヤを前にずらして余裕を持たせて解決。
んで乗ってみたら、左右のペダルが90度の関係になってた。。
チェーンを外してクランク付け直し。

んで、終わったと思ったら壁に当ってた部分の塗装が剥がれてた!
ショック!

なんか液ダレをおこさないように気をつけるあまり
サーフェイサー、塗料、クリアー全部薄く塗りすぎたみたい。
なんか表面ザラザラしてるし。

ってことで組み立てた後だけどクリアーを上から大胆に噴射。

したら液ダレ&気泡のオンパレード!!

ぎゃぁぁぁ


いつも、なにするにしても最後のツメが甘いんだよなぁ俺って・・

バカバカ!俺のバカバカ!

なんて本気で自己嫌悪に陥いるも、
乾くのを待った後、上から400番、600番、1200番で水とぎヤスリ。

んで終わったのが20時。

疲れたーーー。


今日買ったCD。
ピチカートファイヴ:ベリッシマ
山下達郎:サーカスタウン

昨日買ったCDと共に感想とかはまた明日。
疲れた・・・。




ほんと











| comments(0) | trackbacks(1) |
pagetop
自転車レストア日記〜その2〜
自転車 / itayoshi
昨日から始めたロードレーサーのレストア作業。
素人にチン毛が生えた程度の人間が挑戦する、現在進行形ドキュメンタリー。

レストアってそもそもなんなのか調べてみる。

『レストア』:「修繕する」「回復させる」

だそうな。
ちょっと使い方間違ってたようで。
塗装作業で分解、そしてレストアって感じで合ってるのかな?

昨日は分解まで。
今日は塗装作業が終わった。

1:洗浄&脱脂(油を取る)
2:プライマーサーフェーサー
3:水とぎ(やすり400番&600番)
4:スプレー塗装
5:クリア塗装
(並行して細かいパーツの洗浄)

午後は用事があったので午前中にタイムスケジュールを組んで、ピッタシ終わらせました。

スプレーの際の注意点
・出だしは外す
・両肩間を1秒くらいの早さで吹きつける
・部分ごとに塗るのではなく、全体を薄く塗るの繰り返し
・風下に立たない

1個として守れんかったとです。


サーフェーサー直後と塗装&クリア後。


さっき帰宅してくる途中、またまた東急ハンズへ。
チェーンとインナー(ブレーキワイヤー)とワイヤーカッターを購入。

あとサイクルコンピューターを取り付ける結束バンドを探したんだけど、

3階の人に「6階」といわれ、
6階の人に「5階」といわれ、
5階の人に「3階」といわれ、

あやうく一生周り続けるトコだった。
その手には乗らないゼ?(ニヤリ

あ!!

3F→6F→5Fって、
365日、つまり一年!

・・

京都ではお茶漬けを出されたら帰れという意味らしい。

でもハンズの店員さんはどこの階の人も皆親切で気分がいいです。

で、高島屋を出て愛車キャプテンアメリカ号に向かうと、雨。
引き返してHMVへ。
今日買ったCD。

James Taylor 『4Th Dimension』
Michael Buble 『Call Me Irresponsible』
Charles Munch  『La Creation Du Monde』 (Darius Milhaud)

あ、音楽の話はまた別の日記でも。

んで、帰宅してステッカーを何貼るかというコトで、友人に相談。
一緒にハンズへ。

リムを縁取る感じのステッカーが欲しかったんだけど、無くオシュマンズへ。
したら、カラフルなブレーキアウターが売っていたので赤と青を前後用に購入。
あえて別の色で!


シンプルにするつもりだったんだけど、ポップにしたくなってきた!!
ってことでブレーキも交換せねば。

今後のレストアの流れ。

1:バーテープを剥がす。
2:ブレーキアウター交換。(インナーをハンズへ買いに行く)
3:バーテープ巻きなおし。
4:組み立て

果たして組み立てなおすことができるのでしょうか。。

気になる結果は明日の午後9時以降!!

At Same Time, Same Channel !
(山下達郎のパクリ)


おやすみなす。

END



| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
| 1/1 |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--