LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
ホイール交換すべ
- / itayoshi
先日入手した、
山下達郎の『サーカスタウン』

alaの『Jam Of The Year』

山下達郎大先生には言葉が尽きないほど言いたい事があるんですが、それはまた別の機会に。
サーカスタウン。
日本のポップスの祖、はっぴーえんどの弟分的なシュガーベイブを解散して、ソロの第一作。
オモロイ点がいくつかある。
・NYとLAで録音されてるんだけど、NYサイドのメンツの豪華さ。
・楽曲の難しさ的に、最近10年の作品よりムズイ事やってる。
・自著ライナーにある知識の深さ。

まず、NYサイドのメンツ。
アレンジには本人の第一希望でチャーリーカレロ。
参加ミュージシャンにウィル・リー、ジョン・トロペイ、ブレッカー、ジェフ・ミロノフ、ジョン・ファディス、、、
スゴすぎる!!
タイトル曲の「サーカスタウン」がやっぱ最高なんだけど、チャーリーカレロのアレンジがヤバイっす!!!
フランキーバリの「Swearin' To God」や、
オデッセイの「Native Newyorker」などで見せた
弦とソウルフルなコーラスが陽気に絡む”あの感じ”!!
チャーリーカレロについても語りたいんだけど、それもまた別の機会に。。
フリーソウル好きな人には是非聞いてもらいたい1曲!

続いてala。
日本人の7人編成バンドで英語詞のポップスをやってる人たち。
このバンドは一聴して、めちゃくちゃ気に入った!
・メロがキャッチー!
・ノリがよい!

初期のオリジナルラヴとかユニコーンとかオザケン(フリッパー含む)とか好きな人には
たまらんと思う。

コードの展開とか2本のサックスがある事から見て、ジャズの影響を受けてる感じ。
オシャレなポップスなんだけど、あえてラフなパンクっぽいギターがバンドっぽさだしててグッド!
逆にベース、ドラムの演奏がこれまたタイトでいい。
キメの部分、2サックスとベース&ドラムがバチバチきめて、タワーオブパワーみたいな感じもグット!
技術的に言えばこのレベルはジャズ畑出身のバンド野郎にはいくらでもいるんだろうけど、
サウンド全体の尖った感じを出す、ポップスセンスの良さが秀逸!!グレイト!!
本当最高!!
1stでこのレベルって末恐ろしいやっちゃで。。。


******************************


靖国通りを走っていたら、排水溝の金網でガツンとやってしもた。

リム打ちパンクはしてないんだけど、リムの衝撃箇所が両サイドにポッコリ広がっておる。
ブレーキと干渉してガタガタするので前輪のブレーキを開放して、無事帰ってきたものの、
もうホイール交換するしかないのかしら。。

走行距離
25km

先日の日記の書き忘れ分
65km
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< 自転車の手信号について。 | main | ツールドフランス    ギア比のお勉強 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop









url: http://itaya-yoshi.jugem.jp/trackback/8

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--